オーガニック化粧品の役割と注意点

スキンケアを頑張る人に好評なオーガニック化粧品ですがなぜ一般的な化粧品よりも高く評価されているのでしょうか?今回はオーガニック化粧品の効果、効能などの特徴を紹介したいと思います。

■オーガニック化粧品の役割とは?

一般的にオーガニック化粧品とは農薬などの化学合成成分を使用していない化粧品となります。要は使用している素材そのものの効能を肌に浸透させ人間が本来持っている自然に肌細胞などを修復する力、自然治癒力を高めるために開発されたコスメ商品のことです。

肌に優しいのも大きな特徴ですがこれは肌に害のある化学物質を使用していないことが大きな要因でもあります。そのため元々、肌が弱い方や乾燥しやすい方でも比較的安心して使用できるというメリットもオーガニック化粧品にはあるのです。しかしオーガニック化粧品を実際に使用した方の中にはなかなか目に見えて効果が実感できないという声もあります。

これはオーガニック化粧品の特徴のひとつでもありますが基本的に即効性というものはオーガニックコスメには期待することはできません。しかし配合されている成分の中には自然由来の植物成分などが含まれています。この植物成分は人が体内で作ることのできない抗酸化物質を豊富に含んでいるため高いエイジング効果を得ることが可能です。

豊富な抗酸化物質が体内で増えた結果、肌に潤いやハリがなくなるなどのデメリットがある年齢肌の改善にも大きな期待が持てるため肌の調子を根本から上げるという意味ではオーガニックコスメは大きな役割を果たしています。またメラニンが主な原因となるシミなどの色素沈着にも大きな期待が寄せられていますがこれは植物が持つ成分がメラニン色素に直接働きかけ肌を整える働きもあるためです。

■オーガニック化粧品を選ぶ際の注意点はあるの?

ここまでの話を聞いてオーガニック化粧品には欠点はないのではないかと思う方もいるでしょうが無添加、天然成分のみを使用しているオーガニックコスメでも注意する点はあります。それはアレルギー持ちの方。一例ですが大豆アレルギーなどの方が大豆の成分を含んだ場合はアレルギー反応が出てしまうこともあります。

そのためオーガニック化粧を購入する時は含まれている成分などをしっかり確認するなどの必要もありますのでこの点もお忘れなく。現在お肌のケアで悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

ダイエットをもっと簡単に楽しく行いませんか?
スリムフォーなら飲むだけで簡単にお腹周りをスッキリすることが可能です!

スリムフォー楽天にも注目です!

ダイエット成功の秘訣

ダイエット成功の秘訣

ダイエットを成功させるには、食事療法と並んで、運動の実践が欠かせません。
ダイエットに有効な運動には、「有酸素運動」と「筋力トレーニング」があげられます。この両方とも、行なうよう心掛けて下さい。

「有酸素運動」と「筋力トレーニング」を1日交代で行なうといいでしょう。
なお、運動の前後には、必ず、ストレッチ運動を行うことも忘れないで下さい。
有酸素運動としては、1分で130歩程度の「早足のウォーキング」を30~40分行なうと理想的でしょう。でも、いきなり初めからこのように出来なくても構いません。
運動は、「長続きさせる」ことが一番大切ですから、いきなりキツイ運動を始めて、すぐやめてしまうのが、一番いけません。
これまで全く運動をしてこなかった人や、この運動メニューがきつい人は、最初は自分の出来る範囲でぼちぼち始めていただいて構いません。徐々にこのメニューを「楽しみながら」こなせるようになれると良いと思います。

筋力トレーニングとしては、①:腕立て伏せ、②:スクワット、③:腹筋運動、④:バック・エクステンション、⑤:バックキック、⑥:膝上げ、⑦:カーフ・レイズ、が代表的な運動です。 
時間のない方は、①、②、③ だけで十分です。筋力トレーニングを行う場合は、「使っている筋肉を意識する」ことが大切です。

また、筋力トレーニングは、正しいフォームで行なわないと、筋肉を効果的に鍛えることができなかったり、筋肉を傷めたりしますので、くれぐれも、正しいフォームを心がけて下さい。
筋力トレーニングは、10~15回の連続動作を1セットとし、2~3セット行ないますが、セットとセットの間は、1~2分の休憩を入れます。運動の前後には、必ずストレッチを行なって下さい。
ストレッチは、筋肉に対する準備状態を作るとともに、怪我の予防や柔軟性の確保のために、とても大切です。その日にトレーニングする部位の筋肉をじっくり伸ばしてから、トレーニングに取りかかるようにしましょう。
また、トレーニングを行なった後に、クーリングダウンとしてストレッチを行えば、筋肉の疲労回復に役立ちます。
ストレッチする部位の筋肉を、静かにゆっくり伸ばします。このとき、筋肉に痛みが出るまで伸ばす必要はありません。筋肉に軽く張りを感じる程度に心地よく行なうことが大切です。そして、筋肉を伸ばした状態を15~20秒間維持します。

以上のように、ダイエットに有効な運動をして、スリムな体型を獲得しましょう。

さらにこれに加えてスキンケアも大切にしていきましょう!

エマルジョンリムーバーというスキンケアアイテムがあります!
エマルジョンリムーバーは根本から肌の汚れをしっかり落としてくれるスキンケアアイテムです。

肌汚れがお悩みの方はエマルジョンリムーバーを使って見て下さいね♪

おっぱいを大きくしたい方必見!

おっぱいを大きくしたい人必見!!オススメの美容&食事法!

世の中の女性でおっぱいに満足している!という方はなかなかいないと思います。
私もそんな中の一人です。
今現在、出産して小さな子供を持つママですが、産後の授乳でさらにおっぱいへのダメージが大きく、かなりサイズダウンをしました。
このままではいけない!と思い、おっぱい復活に向けて試行錯誤が始まりました。
手っ取り早くおっぱいを大きくするには「脂肪をつけておっぱいにも自然とつく」という方法がありますが、これは体系維持にも響いてくるためオススメはできません。
私は産前、体全体に脂肪をつけておっぱいのサイズアップに成功し、そのあとにエクササイズをすることで、体系を戻していきました。
ただこのやり方だと、体系が戻らない可能性もあります。
やはりおっぱいだけをサイズアップしたいですよね。
そこで私が見つけてトライしているのが、MACO先生の「こがおっぱい」DVDです。
これはおっぱいのエクササイズと同時に小顔にもなれるという夢のようなものです。
全体のエクササイズは通して10分ほどで終わるので、育児や仕事に忙しい方でも取組みやすいです。
MACO先生は本も出されていてこちらもオススメです。本のタイトルは「2週間でおっぱいがグングン育つ!うっとり美入塾」。
こちらにはおっぱいのエクササイズやマッサージ法、おっぱいに良い食事法などが載っています。
おっぱいはただ大きいだけではなく、ほどよく筋肉がついて形のバランスが良いということが重要です。
そのためには毎日エクササイズを積み重ねることが大切です。
また、バランスの良い食生活が重要になってきます。
特におっぱいにいい食品を紹介します。
大豆→大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれます。
   イソフラボンは血流をよくして、冷えを和らげます。特に発酵食品がオススメ。

オリーブオイル・アマニ油、ナッツ、アボカド→良質な脂肪が補えます。

きゃべつ・なし・ぶどう→女性ホルモンのエストロゲンの働きを助けます。ボロンという栄養素が含まれると言われています。加熱せず生食がオススメ。

大豆・肉・魚・卵・牛乳→筋肉や皮膚のもとになる栄養素です。いろんなものからタンパク質を取ることがグッド!

大豆・ナッツ類・かぼちゃ・オリーブオイル→ビタミンEは血流をよくして、おっぱいにいい酸素や栄養素を届けることを助けます。冷え性の改善、アンチエイジングにも効果大!

わかめ→血流をよくしてくれます。

てんさい糖・パームシュガー・メープルシュガー→体を冷やしにくく、血糖値を急に上げずオススメ。

また、睡眠は7時間半程度が良いとされています。最初の3時間をぐっすり眠ることが美容の秘訣です。

以上のことを実践すれば確実におっぱいは大きくなります。

おっぱいも大切ですが、肌の汚れが目立つ人って嫌ですよね?

そういう方にオススメのアイテム!エマルジョンリムーバー!

サッと吹きかけるだけで汚れがどんどん落ちるアイテムなんです!

気になる方はエマルジョンリムーバーをお使い下さい♪

一緒にがんばりましょう!!!

予算取り節約法

節約は自分との闘いでもあり、長期的に継続して行う事は至難の業。
生活をしていると、欲しい物があったり、周りから飲み会に誘われたりなどと、お金を使ってしまう誘惑が一杯あります。
人間は、感情を持った生き物ですので、耐え続ける事は逆に悪い方向に作用されることも。
 
その中でも、オススメな節約方法は、「住居費」「光熱水費」「通信費」「食費」「小遣い」「先取り貯金」などと
項目を設け、大まかでも良いから予算を立てることから始まります。
予算を立てることにより、電気や水道などは意識して使うようになり、
スマートフォンなどの通信量なども抑えることにも繋がります。
 
予算を立てるコツは、例として、光熱水費は普段の料金よりも1,000円から2,000円多目に設定しておきますと、
急な用事が入った時などにも対処できますし、例え少額でも予算が余れば貯金に回したり、
お小遣いの補てんに回したりすることが出来ます。
家賃以外でお金が最もかかる経費は、外食代などの食費ではないのでしょうか。

お酒付きの外食に行きますと、1回につき4,000円から5,000円かかってしまいます。
それが、1か月に換算すれば外食だけで万単位のお金が掛かってしまうことも珍しくはありません。
そういう時こそ、あなたが余り乗り気がないお誘いに対しては、お断りする勇気も必要です。
 
私も、一人で外に飲みに行ったりすることが多いですが、家計が気になる時には、
「外飲みに行かない」・「外食に行かない」週を設けて節約をしています。
このような週を月に2回設定するだけでも、10,000円以上の節約になりますし、家計もピンチになりません。
 
予算取りするという事は、大好きな趣味などにもお金が使えることになりますので、
節約中にありがちなストレスも溜まりませんので是非実践してみませんか。
 
予算取りする方法としましては、家計簿をつけることが必要になってきますが、
家計簿を購入しなくてもエクセルシートで管理をすれば直ぐに実行に移せます。
 
本日、公共料金の支払いなどが済んで、今月の収支を集計してみましたが、
現時点で予算よりも20,000円支出が少なく推移しています。

予算取り節約法は、各項目に分けて計算する必要があり、最初は手間がかかるのは難点ではありますが、
軌道に乗ってしまえば、節約効果は大きいですよ。
   

浪費家の人間がお金を貯める事が出来るようになるコツ

浪費家だった人が節約家になるのは、とても大変な事です。

お金を沢山使ってしまう人のタイプは様々だと思いますが、主に計画する事が苦手で先の見通しの立て方が甘い
傾向にある様な気がします。

借金をしてしまう人は例外として、通常の範囲内で浪費家の人がお金を貯める一番の方法は、
初めから貯金してしまう事だと思います。

給料が入ったら先に貯金する分を取り分けてしまい残りで生活する、いわゆる先取り貯金ですが、
ひとつ注意する事は、あまりにも大きな額から始めてしまうとせっかく先取りした分を使ってしまう事になりかねません。

私も浪費家で、独身時代から主婦になるまで試行錯誤を繰り返しては失敗してきましたが、
その中で一番効果があったのは先取り貯金で特にもしも会社に財形貯蓄や社内預金の制度があればその効果は絶大です。

先取り貯金とはいっても、給料日にはその金額が目に入ります。

しかし、財形や社内預金なら給料天引きされているので会社にもよるでしょうが、
手取りの金額は、貯金分が引かれた金額が入金されるので本当に初めからなかったお金として考えないでいられます。

浪費家のわりに記憶している私の様な人間は、自分で先取り貯金した金額や沢山ある銀行残高の
それぞれの残高まで把握してしまっていてある意味忘れられないのですが、
財形貯金を始めてからは、半年に一度会社から来る残高のハガキを見るまではその存在を一旦
忘れる事が出来て家計に余裕がないと思えるのです。

会社にそういう制度が無い方にも、銀行で給料日の日に自動的に天引きして貰える制度があるので利用して
みるといいかもしれません。

浪費家だった人間が、お金を貯めるという事は、元来節約家の人には分からない位苦労を伴います。
今までの習慣を改めるのはとても難しいからです。
しかし、少しずつでも初めて行けば必ず身体が慣れてきていつの間にか節約体質になる事も出来るのです。

そのために、初めの一歩を踏み出して後は、いかに自分がどんな時に浪費をするのかを知ってそこを止める、
もしくは他の方法で補う方法を生み出すとストレスも少なく成功しやすいです。

お金と引き換えの幸せに違和感を覚えてしまいます

私たちの国の国民は、昔とても貧しく、お金をほとんど持っていない人ばかりで占められていました。
その日食べる物にさえ困るほどお金がない事が多く、皆ひもじさを感じながら、それを耐え忍んでいたのです。
所が私たちの国の国民は、それでも心を折ることなく、不屈の精神で国を発展し続けて来ました。

そのおかげで今では、世界でも有数の経済大国となり、昔のようなひもじい生活を送る人が少なくなったのです。
昔は余り物がありませんでしたが、今は逆に物が有り余るほどあり、お金を出せばいくらでもモノが手に入る様に
なっています。

食べたいものを食べたいだけ食べられ、家電製品の発達により、昔と違って楽に家事がこなせるようになりました。
また昔は高価で一部のお金持ちしか買えなかった自動車ですが、今では一般の庶民ですら自動車が買えるまでに
なって居ます。

昔はごく一部の人しか味わえなかった、絵に描いたような幸せが、誰にでも手に入るようになりました。
しかしこれらの幸せは、お金があってこその物となって居ます。
昔と違って様々な機械が開発され、私たちの生活は豊かで便利な物となりました。
ですがその一方で、その機械を買うためにはお金が必要であり、昔よりも機械が増えた現代では、
昔よりも多くのお金が必要になって居るのです。

現代はお金をたくさん使わなければいけなくなりましたが、それに引き換えお金を得る事は難しくなっています。

昔と比べてお給料が格段に増えたとは言えず、また超低金利やマイナス金利などにより、
金融機関にお金を預けておいても、満足にお金が増えてくれなくなりました。
現代は出費ばかりがかさんで、お金を得るのが難しくなりましたから、お金が足りなくなる事が良く起こり、
借金に頼らざるを得ない状況に追い込まれる事が多くなりました。

折角豊かで便利な生活が出来る時代が到来したと言うのに、そのために借金をする必要性が高まってしまったのです。
現代の豊かで便利な生活は全てお金に支えられており、お金で幸せを買う時代に違和感を覚えずにはいられません。

スマートフォンを使い始めて

私はスマートフォンを使い始めて7年になります。私が初めてスマートフォンを手にした当時はまだまだガラケーが主流で、スマートフォンを持っている人は少なく、私はどこか時代の最先端をいっている気がして少し浮かれていました。
スマートフォンに変えた当初こそガラケーとのギャップに若干の戸惑いを感じましたが、それもすぐになくなりスマートフォンでどんなことができるんだろうととてもワクワクしていたのを覚えています。
個人的にスマートフォンに変えて一番衝撃的だったのが、カメラです。画質がガラケーとは比べものにならないくらい良かったのでたくさん写真を撮るようになりました。少しづつFacebookやTwitterなどのSNSが流行り始めていたので私もご多分にもれずアカウントを取得しスマートフォンで写真をとっては投稿するということを毎日のように繰り返していました。
その後今度は課金制のゲームが流行りだし私ももちろん始めました。周りの人を招待してポイントをゲットしようとしました。
このように私はガラケーからスマートフォンに変えてSNSを利用するようになり楽しい時間を過ごしていたと思います。
しかし、だんだんとスマートフォンを使うことに疲れてきました。LINEやFacebook、Twitterで何かあればすぐに通知がきます。ちょっと目を離した隙に何十件もメッセージがきていることもしょっちゅうあります。
私は、そういったことに少しずつスマートフォンを手放せなくなっているということに気づきだんだん窮屈に感じるようになってきました。
何にも邪魔されずゆっくりとした時間が欲しいなと思うようになりました。電源を切るという方法もありますが、結局電源を入れ直すと元の世界に引き戻されます。
ここまでスマートフォンを利用し始めてから約7年、最近そろそろガラケーに戻ろうかなと思うようになりました。もちろん今の連絡手段はスマートフォンを通してというものばかりなので急にはできませんが、最近ガラケーを使っていた頃を懐かしく思っています。もうすぐiPhone7の予約が開始されるそうですね。最新機種を追いかけるのも良いですが、いまは落ち着いた時間がほしいです。

常にビジョンを描く

人間は過去と未来のバランスシートによって成り立っています。それは、脳という人間の中枢を支えている部分においても同じことです。つまり、過去を思い出すトレーニングがある一方で、未来をイメージしていくトレーニングもあるということです。
加齢とともに、ボケが生じてくる要素の一つに、実は、高齢者になってくると、「過去」はあっても「未来」を見ることができず、そのバランスシートが崩れていくことで、ボケの症状が表れていくという考え方もあります。
未来といっても、永い先の未来ではなく、「明日は何を食べよう」、「来週は何をしよう」という近い未来に対してイメージを作っていくことで、脳の記憶力を保っていくことになるのです。そして、未来へのビジョンを日単位から、週単位、月単位と延ばしていきながら、1年先のビジョンを描くことで、脳に刺激を与えて活性化していくことができます。
これも、記憶力を低下させないということでは大事なトレーニングの一つなのです。

思い出す作業

いくら優れた道具でも使わなくては、やがてサビついていって使用不可になってしまい、宝の持ち腐れになっていきます。実は、脳も同じなのです。IQが高くて、いわゆる、「頭のいい人」であったとしても、それを使わなかったとしたら、やがてそのいい頭もサビついていってしまいます。脳も道具と一緒で、その能力が低下していってしまいます。
つまり、質の差はあるにしても、人は常に脳を刺激して使い続けることによって、記憶力を低下させないで維持することができるのです。そのためには、本を読むとか、パズルに挑戦するといった手段で、脳に刺激を与える努力をしている人も多くいることでしょう。もちろん、それも大事な訓練ですが、もっと簡単な方法があります。それは、日々の生活の中で思い出す習慣をつけることです。
一日の終わりに、今朝は何を食べたのか、昼に何をしたのか、そういった一つひとつを思い出すのです。そして、そのタイムスパンを少し伸ばして3日前、1週間前と行動を思い出すことによって、脳が活性化されて、記憶力が維持されるトレーニングになるのです。しかも、体で経験したことですから、脳と体の関係からいっても、思い出しやすいことですから、それほど苦痛なくできるトレーニングということがいえるものです。

生活リズムを整えるのが要

美しい自分を維持するのでしたら、日々の生活習慣を見直さなければなりません。
私が言うのもなんですが、現代人の生活習慣はひどいものです。
仕事などもありますので、ある程度は仕方ない部分もあるのですが、それでも改善する余地はあります。

もっとも重要なのは睡眠と食事なんです。
しかしながら、この二つを犠牲にしないと成り立たない仕事なんてのもあります。
こちらでは、仕事と付き合いつつ、美しい自分を維持できる生活習慣について考えてみましょう。

まずは食事です。食事については外食が増えてしまうのは仕方ありません。
そのため、せめて食事の時間だけは守りましょう。
ついつい遅くなってしまって夕方に昼食を食べるくらいでしたら食べないほうがいいのです。
そんなこと言っていながら、私も16時くらいに昼食をとることがありますが、これはやめたほうがいいのです。
なぜならば、食事の時間が崩れることで睡眠の時間も崩れがちになるためです。

食事がいつもより4時間遅くなれば、4時間分生活リズムが狂ってしまうのです。
そのため、いつも0時に就寝している方は、下手をすれば就寝時間は4時間ずれこんで午前4時就寝です。
次の朝がおそらく7時くらいには起きなきゃならないと思われますので、3時間睡眠です。

食事もそうなんですが、睡眠時間の乱れはより美容に関して悪影響を与えまくる要素となります。
美容だけならともかく、健康面にもかなりのダメージを与えてしまいます。

食事の内容をすぐに変えるのは中々難しいのです、そこでせめて食事の時間を改善しましょう。
具体的に言うのでしたら、15時以降は昼食は食べない、21時以降は食べない、こういったルールを決めておくとよろしいでしょう。
そうすることで睡眠時間のズレが少しは改善されると思われますので、ぜひ実践してみてください。